スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Pentium4」か「Core2 Duo」か?

CPUを調べていると、「Core2 Duo」の性能の高さが際立っているような気さえしてきます。
しかし、「Core2 Duo」と「Pentium4」のシングルスレッドでの性能差がどのていどなのか、といった疑問が残ります。

デュアルコアCPUの利用を想定したゲームの数はそれほど多くないため、デュアルコアCPUの重要性はそれほど高くない

といった意見から、

クロック数が同程度なら、「Core2 Duo」はシングルスレッドで「Pentium4」の倍、マルチスレッドで3倍の性能

といった意見もあります。
もちろん、何をするかによっても違いはあるのでしょうけどね。

下の表は『週刊アスキー』に掲載された『PCMark05』のテスト結果です。

CPU名コア数動作クロックPCMark05
Core2 Duo E660022.4GHz6404
Core2 Duo E640022.13GHz5113
Core2 Duo E430021.8GHz4760
Pentium D 93523.2GHz4527
Pentium4 64113.2GHz3981
Celeron D 36513.6GHz3190


Pentium D」は「Pentium4」ベースのコアを2つ搭載したデュアルコアCPUです。
同クロックの「Pentium4 641」と「Pentium D 935」のスコアに思ったほど差がないのも不思議ですが、「Pentium D 935」に比べて遥かにクロック数の低い「Core2 Duo」の各CPUが高いスコアを出しています。
この結果からも、「Pentium4」と「Core2 Duo」の、大きな性能の差がうかがい知れる気がします。

もう1つ、ほんとに多くのゲームはマルチスレッドに全く未対応なのか、といった疑問も最近浮かんできました。
下の画像は、私が今一番よくプレイしている『Master of Epic』の起動中にタスクマネージャでパフォーマンスを表示してみたものです。

タスクマネージャ


『Master of Epic』は、もう古くから続くゲームと言えるでしょうし、公式にもマルチスレッド対応の記述は見つからず、シングルスレッド環境でのゲームと言われています。
しかし、タスクマネージャのパフォーマンスを見る限りは、2つのコアに負荷が分散されているようにも見えます。

ゲームにもよるのでしょうが、マルチスレッド前提に開発されていなかったゲームでも、更新の度に徐々にマルチスレッドで動作する部分を増やしているとも言われています。
こう考えてくると、個人的にはCPU選びは「Core2 Duo」が最有力候補になりますね。
スポンサーサイト

テーマ : PC周辺機器
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
PR
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。